スコラリスキッズ

子供英会話教室の後悔しない選び方とは?


子供英会話教室の後悔しない選び方とは? 子供を英会話教室に通わせたいけれど、どこがおすすめなのか、効果はあるのかなど疑問ですよね。親も子供もストレスなく英会話教室に通うために、どんなところに注意が必要なのでしょう。 子供を英会話教室に通わせたいけれど、いったいどうやって選べばいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。   子供にとっても、親にとっても、どのスクールを選ぶかは、これから始まる長い英語人生にとって、最重要ポイントであるといっても過言ではありません。 現在では、英語スクールも増え、レッスン内容は千差万別でそれぞれ各スクールの特色があります。でも、本当にお子さんの英語力に効果が現れるスクールは数少ないのではないかと思います。ある子供英会話スクールに何年も通っているのに、いまだに英語も読めないとか。アルファベットも読めない子も中にはいると聞きます。 T君という小学生が当校に通っています。8歳のT君は、英語に触れるのが生まれて初めてと言って、以前から当校に学習していたお友達の紹介で10か月前にスコラリスに入学しました。やっと半年たった6月のことです。A4に書かれた英語の文章を先生の前でスラスラ読んで見せました。それも、きれいな英語で、、、。まだ英語を初めて1年も経っていません。  T君が通うスコラリスでのレッスンはある英語圏の子供達が国語として英語を学ぶ指導法をベースとして教えています。 フォニックスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。   最近、子供英語のスクールや教材で、多く取り上げられている学習法ですので、一度は耳にしたことがある人も多いと思います。 今注目の、英語の発音の効果的な指導方法「フォニックス」 子供英語でよく聞くフォニックスとは? 子供英語でも、フォニックスという言葉をよく耳にするようになりました。子供英語の教育現場でも注目される効果的な教え方です。

 

子供英語でよく聞くフォニックスとは?発音がみるみる良くなる!


フォニックスを学べば、初めてみた単語でも、75%は間違わずに発音でき、さらに、発音もネイティブに近くなるといわれ、子供英語の教育現場でも、大変注目されてきています。
そう聞くと、ぜひ自分の子供にも、その方法を教えてやりたいと考えてしまいますね。でも実際、日本の中学や高校、さらには英会話スクールでも、私が知る限り"フォニックス"を教えているところはほとんどありません。   フォニックスは、もともと、英語圏の子供たちが5、6歳になると教えられる「音と文字の規則性」のことです。
外国語として英語を習う、日本のような国では、規則性を学べるだけでなく、発音も正しくなるという効果が期待できるのが特徴です。   実際に、フォニックスを学習してみると、英語のつづりと発音に一定の関係があることがよくわかります。
そのため、初めて見た単語でも発音できるようになる上、逆に、初めて聞いた単語でもつづりを想像できるようになり、先ほどの、75%は間違わずに…ということが可能になるのです。 フォニックスの効果は、実際に7年間にわたるある学校の子供たちを対象に行った研究で実証済みです。 スコラリスのカリキュラムは、このフォニックスとリーディングとのコンビネーションを土台として形成されています。  スコラリスでは、T君のように短期間で英語の文章を読むことができる生徒がまだまだいます。

カリキュラムの概要

リーディング - 言葉


ことばの解読のためのフォニック知識と技能の応用


学習したGPCを含む見慣れない言葉を混合した音を正確に読む 他

ライティング – 転写


ディクテーション


既に学習した各40以上の音素を含む用語のスペリング


一般的な例外用語のスペリング   他

ライティング – 手書き


小文字の正しい書き方


イタリック体の文字の理解と練習  他

無料

体験レッスン

申し込みはこちら

英語レッスン - グループレッスン

3歳以下のプログラム

English Prenurseryトドラーのプログラムは、2歳、3歳児の就園前児対象の英語イマ―ジョンクラスです。 本クラスでは、お母さんとの歌やクラフト、ストーリをベースとしたカリキュラム内容で、英国のネイティブの子供と同じように英語に親しむことができます。 講師は、英国国籍の英国及び日本での英語教育経が験豊富な先生です。できるだけ多くの就園前の児童に英語を親しんでいただき、楽しく自然に外国語に馴染んでいただきたいと思っています。また英語への好奇心と自信を育み、グローバルな視野の考え方の 育成にもつながります。

対象年齢

2歳~3歳児 就園前)
お母さんと一緒

クラス

Foxtrot

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火 or水 or木曜日
10:10- 11:00 am

アフタースクールプログラム

幼稚園就園児

対象年齢

幼稚園

クラス

Nursery

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火曜日~土曜日

小学低学年

年齢

小学低学年(小1~3年生)

定員

8名

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火曜日~土曜日

小学高学年

年齢

小学高学年(小4年~6年生)

定員

8名

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火曜日~土曜日

中学生

年齢

中学生

定員

8名

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火曜日~土曜日

高校生

年齢

高校生16歳~18歳 

定員

8名

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火曜日~土曜日

英検

年齢

小学生

定員

8名

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火曜日~土曜日

Cambridge

年齢

小学生

定員

8名

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

火曜日~土曜日

Returnee Class

年齢

帰国子女

定員

8名

レッスン時間

週1/60min

スケジュール

土曜日

Saturday School

定員

5名

レッスン時間

週1/120min

スケジュール

土曜日

無料

体験レッスン

申し込みはこちら

スコラリス・キッズ レギュラークラスの7つの特色

1フォニックス学習に重点をおいたカリキュラム構成

フォニックスは、児童が英語の読み書き習得に必要な知識とスキルを身に着けるために必須な学習です。  フォニックスの音素やブレンディングなどを学習することで、児童はアルファベットコードを理解し、リーディングやスペリングとの関連性も習得することができます。

2カスタマイズされた独自のカリキュラム

英国及び日本での25年の経験を持つ講師独自のカスタマイズされたカリキュラム方法で、様々な教材を十分活用したフル 1時間のレッスンは子供たちに好評で、英語が楽しく学べる環境です。

3確かな4つの基礎技能の習得

『読む』『聞く』『話す』『書く』4つのしっかりした英語の基礎スキルが身につきます。その児童により習得の速度はちがいますが、英語の4機能習得の土台づくりを最初の2年ほどで高め作り上げていきます。

4ブッククラブ

カリキュラムの一つとして、ブッククラブがあります。スコラリスでは、本を読むことを大変重要視しています。1冊1冊の本をマスターするまでステップを踏みながら勉強していきます。

5児童一人ひとりの適正に対応したレッスン

人は各自適した勉強法があります。講師独自のカリキュラムで、児童一人ひとりと向き合い、それぞれの適した教え方で、各自が対面する学習困難に対応していきます。

6児童の自己成長・発達につながるレッスン

英語を楽しく学ぶだけでなく、クラスの環境は、児童達の自己成長・発展、人格成長にも大変かかわっています。自立心が養われ、積極性が身につきます。

7課外レッスン

1年を通してクラス内での42レッスンのほかに、数回課外レッスンがあります。サッカーなどのスポーツや動物園、博物館等の見学、ピクニックなどoutdoor activityの中で、クラス内で習ったことのおさらいや、クラス内で使用する英語以外でoutdoorの環境で新たに習う英語を学びます。

クラス別シラバス構成

Class 科目 フォニックス 文字 サウンド Q+A スペル リーディング ライティング
就園前の児童 Q-card 動物に関連する用語 絵を使用したサウンド習得 動物の絵
幼稚園 基礎 母音と関連する短音の紹介 10用語のQ-cards 用語のみを使用:
What & where.
5 Q-cards アルファベット
キーストーン 子音と関連するサウンドの紹介 10用語のQ-cards 4文字用語のスペルの習得 5 Q-cards アルファベット
小学校1-3学年 基礎 子音と短母音とのブレンディング 20用語のQ-cards 『wh』(what/where/when)を使った文章作り リーディング介入プログラム:
5つの用語の文章
学習した内容を書く
スターター ブレンディングと単母音用語 20用語のQ-cards すべての『wh』用語を使用して質問をする リーディング介入プログラム:
15用語の文章
小学校4-6学年 ムーバー 長母音サウンド用語の紹介 2母音用語のブレンディングとリーディング  すべての『wh』用語を使用して質問をする リーディング介入プログラム:
20用語の文章
フライヤー 子音と長母音とのブレンディング練習 フォニックスチャートの紹介 すべての『wh』用語を使用して質問をする リーディング介入プログラム:
25用語の文章

>>受験会場登録校・レベルにあったレッスンプログラムで確かな試験のレベルアップが実現

>>当スクールは英検Jrの受験会場に登録されていますので、慣れた環境でお友達といっしょに受験することができます。

>>英語検定試験に対応したカリキュラムを組んでいます。それぞれのレベルに合わせ、レッスンプログラムを設定しますので、確実にレベルアップが実現できます。

Reading Club

スコラリスでは、『読むこと』の重要性を、レッスンを通して子供達に伝え実践しています。 教室内では、自由に生徒が本を借りられる環境になっています。スコラリスのカリキュラムの一環で、児童はお気に入りの本を選んで、その1冊を2か月ほどでマスターするまで勉強します。レッスンでは先生から教わり、家に持って行っても、自分で読める子はお母さんに読んであげ、読めない子はお母さんに読んでもらう。。。または本を通して、お母さんとのコミュニケーションを深めるなど。。。スコラリスはクラスを出たら、英語もお終いではなく、クラス以外のときでも、自由につづけることを、また一つのプログラムとして実践していただいています。家に帰っても、お母さんと一緒に本と接していただくようにご父兄にも勧めています。 おうちに帰ったら、お母さんに、『今日は何を習ったの?』って聞いてあげてください。それだけで、お子さんは、本を持ってきて、習った言葉を伝えようとすることでしょう!! 上記に関するご質問、詳細をお知りになりたい方は、ご連絡ください。